lgf01a201401020900

 リスニングとスピーキングの向上に不可欠な練習とは?

 

シャドーイングとパラレル・リーディングの意味

幼児(英語初心者)から中1(英語学習経験者)しいては大人まですべての年齢において英語のリスニングやスピーキング能力を高めるために絶対に必要なステップがあります

それはシャドーイング(shadowing)です

シャドーイングは音を聞いてすぐ後ろで同じ音を口に出していく練習です一文を聞き終わって声に出すリピートではなく影(shadow)のように音をすぐ後で追いかけて真似して口に出すのですそうすることでネイティブの発音をそのまま覚えられるし発音そのものをネイティブ並みに鍛えられ結果として英語のリスニング力がアップしますシャドーイングは英語のリスニングスピーキングを同時に行う訓練なのです

シャドーイングの練習で最も重要なのはネイティブの音を忠実に正確に真似して声を出すことですそうすることで口の筋肉を鍛えることもできますし(口の筋肉日本語と英語では使われている部分が違います)また英語特有のリズムやイントネーション意味の区切りでのポーズの置き方などを体で覚えることができます

音を素直に聞き入れて真似をすることが得意な幼児に非常に向いている学習方法と言えます

シャドーイングはかねてより同時通訳の基礎訓練として行われてきましたそう聞くと何だか難しそうですねそう簡単な作業ではなさそうですよね

それに英語学習を少しでも経験している小学高学年や中学生ぐらいにもなると何を言っているのか見当がつかないそもそも聞き取れないのでシャドーイングができないという人も多いと思います

そこでシャドーイングの前トレーニングとしてオススメするのが、「パラレル・リーデング(Parallel reading)です

テキスト付きシャドーイングと呼べばわかりやすでしょうかシャドーイングは音のみを手がかりにして発音するのに対してパラレル・リーディングは英文を見ながらも聞こえてきた同じ英語の音をそのまま後をついて声に出す練習です。「音読との違いは英文を読むのではなくてあくまで音を聞いて口に出すことできるだけ間をおかずに音の後ろについて声を出す練習になります

これを繰り返すことによって確実に飛躍的にリスニングとスピーキング能力を向上させることができます英語初心者にはとっても有効な訓練法です!