発音矯正、日本人にオススメな3つのポイント

親も一緒にネイティブの発音を身につけよう!

幼児のまっさらな耳にはやはりネイティブスピーカーの発音を聞かせてあげたい

ほとんどのご家庭で英語学習する場合はネイティブスピーカーのCDやDVDを使っているのではないでしょうか?

せっかくならば親も一緒にネイティブの発音を聞きながら子供とともに英語耳を育ててお父さんお母さんの口からもなるべく本当の発音に近づけた英語の音を我が子に聞かせてあげるようにしたいですよね

しかし海外経験のない大人の日本人の場合ネイティブと同等の発音力を身につけるのは難しい。そんなあなたむけに、簡単ネイティブっぽく話せるようになる、3つのポイントをお伝えします。

ポイントは日本語にない音抑揚リズムつながりを押さえること

先月発売された週刊東洋経済に日本人がハマる発音の克服法として

LとRなど聴き間違い言い間違いの多い発音が上達する発音法が掲載されていました

それぞれのアプローチ方法として

①「口の準備

②「息の出し方

③「口の開き方

を示したものがありましたので以下ご紹介します

LとR

L

ラララと歌ってみて舌が上の歯の裏についている感覚を確かめる

②①で舌が上の歯の裏についた感覚でタメを作る

大きな口を開けながら強くラッリッルッレッロッと発音

R

口をアイウエオのの形にする

ウの口でタメを作って一気にラッリッルッレッロッ

舌を丸めたまま横に一気に口を広げる

VとB

V

下唇を上の歯で軽くかむ

唇をかんだまま息を出して(声は出さず)の息を出す

③②の口のまま勢いよくヴァヴィヴゥヴェヴォを発音

B

唇の上と下を少し力を入れて合わせる(内側に折り込むように)

②①の口を開ける時に勢いよく息を出し音を破裂させるイメージ

(日本語のパ行より)大きく口を開けてパッピップッペッポッ

WとU

W

上と下の唇で小さな円を作るように口を尖らせる

②①の唇を緩めながら思い切り息を吐いて声を出す

WOMANがゥオマンと聞こえるようになるまで練習

U

日本語のの口を作る

日本語のウーとほぼ同じでOK

日本語のウーとほぼ同じでOK

Sea(海)と She(彼女)

Sea

音を出さずにスーと息を出すための口を作る

前歯の間からスーと息を出したままイーにつなげる

口を横に広げたままスーと息を出してスイーと発音

She

(静かに!と言う時と同じ)しーっの口を作る

②「シューと息を出しながらイーにつなげる

③「シューと言うように軽くすぼめてからシュイーと横に広げる

The の発音

通常のThe

上下の前歯の間に舌の先を出して軽くかむ

②①のまま息を出してタメを作り舌を引っ込めながらダッの音を出す

③「にならないように小さな口のまま舌先を出してと息を出しながら引く

※母音の前の THE は②③ディの音を出す

このように日本語と英語では口の筋肉の使い方に違いがあります

また英語の音を出すには腹式呼吸が欠かせません

これも日本語を話す際には必要のない呼吸法で日本人的な英語が相手に聴き取りにくい一因となっているそうです

以上のことだけでも意識してみるとかなり違ってきます

我が子と一緒に自分も成長できると素敵ですね!