lgf01a201405271200

英語カードを使う時に注意すべき3つのこと(その3)

子供用の英語カードに関する記事の最終回です。
 過去記事はこちら

③「子供英語カード」年間スケジュールを作成し実行せよ!

この見出しだとコツやノウハウっぽく聞こえませんが、実はここには深いノウハウが詰まっています(笑)。
どういうことかといいますと、まず「子供は忘れる」という前提で、用意周到な年間スケジュールを作成した上で反復による記憶の定着を図ろうというもことです。

でも、発育期の子供の脳はスポンジのようになんでも吸収するんじゃないの?と疑問に思われる方も多いかと思いますが、吸収するのも早いのですが、子供は多くのことを絶えず吸収しているので、新しい知識はまさにスポンジのようにどんどん吸収していきますが、同時に、使わない情報というのはやはり忘れてしまいます。
よく、幼児期に英語環境で育って英語を話せる様になったお子さんが日本に帰ってくると数年もすると、ほとんど離せなくなってしまっている、という話を耳にすることがあるかと思います。
これはまさに、吸収するも、忘れちゃう(別の知識に追いやられちゃう?)という状態なので、英語カードを使う時に注意すべき最後のポイントとして、忘れることを前提に年単位で反復練習する、というポイントを挙げさせていただきます。

英語カードの年間スケジュールって?

年単位での反復練習についての重要性についてはご理解いただけたと思いますので、今度はそのやり方について紹介いたします。
まず、何でもかまいませんが、英語カードを使い始めたら、仮にすべてを完璧に覚えたとしても、ぜひ1月に1回は必ず復習するようにしてみてください。
1が月目
 英語カード束①(20枚ー50枚)を毎日繰り返し覚える
 覚え終わったら終了。次のカード束②に前倒しで移る
2が月目
 英語カード束②を毎日繰り返し覚える
 英語カード束①を2-3週間ほど間を空けた後、
 もう一度チェックする
  →おそらくたくさん忘れています(笑)
3ヶ月目
 英語カード束③を毎日繰り返し覚える
 英語カード束①を復習する(上記と同じ要領)
 英語カード束②を復習する
4ヶ月目
 英語カード束④を毎日繰り返し覚える
 英語カード束①を復習する(上記と同じ要領)
 英語カード束②を復習する
 英語カード束③を復習する
5ヶ月目
 英語カード束⑤を毎日繰り返し覚える
 英語カード束②を復習する(上記と同じ要領)
 英語カード束③を復習する
 英語カード束④を復習する
*3ヶ月連続で復習すると既に月単位での長期記憶には定着しているはずなので、毎月連続での復習チェックは3ヶ月程度で十分です。
12ヶ月目
 英語カード束12を毎日繰り返し覚える
 英語カード束9を復習する(上記と同じ要領)
 英語カード束10を復習する
 英語カード束11を復習する
 英語カード束①を復習する★★
この★★部分がポイントです。1年後など長期の時間を空けた後にもう一度英語カード束①を再度チェックしてみてください。残念ですがかなり忘れてしまっています(涙)。あれだけがんばって教えたのに、とがっかりしてしまいますが、ここであきらめてはいけません。というか、冒頭にも書きましたが、「子供は忘れる」ということを前提において準備しおけば、がっかりするのではなく、「シメシメ、やっぱりそうか、ここらで再度定着させてやる!」と教える側のたくらみ成功とほくそ笑みながら、長い子供の英語教育を楽しんでいってください。
また、ご覧いただいたように、年単位でのスケジュールを立てるといっても、所詮、長期サイクルでの復習というだけなので、難しくないですよね。
というわけで、「子供は忘れる」ということを前提に、長期サイクルで取り組んでいきましょう!!
関連記事