lgf01a201405271200

英語カードを使う時に注意すべき3つのこと(その1)

やっぱり英語カードは英語学習の王道

大人も子供も英語を学ぼうと思ったらまず何をおいても英単語からはじめるのが王道です。そしてその学習方法として、「英語カード」を使うのが最も楽しく効果的な方法です。

まずお子さんの年齢にもよりますが、英語カードは文字でも絵でもどちらでいいので、特にまだ字を読めないお子さんの場合でも絵を見ながら楽しく覚えていくことができます。

では、この英語学習の王道とも言える英語カードですが、その効果を最大限に引き出すために注意する3つのことを今日は紹介したいと思います。(なお、「楽しみながらやろう!」とかそんな幼児学習全般に言えることは除外しておりますので、適宜幼児教育のポイントなどは必要に応じて別途ご参照ください。)

①その英語カード「意味不明」ではありませんか?

世の中には多数の英語カードが存在し、当サイトでもオススメの英語カードを以前紹介しました。(参照:「無料の幼児用英語カード 一番オススメはこれだ」

これらのサイトで紹介してあるカードは、「意味」がわかります。って、この文章の意味がわかりませんね(汗)。どういう意味かと言いますと、絵で表現していあるカードの場合、名詞はわかりやすいのですが、動詞や形容詞は何を意味しているかわからないカードが多数存在しています。

例えば、このカード、某サイトから拝借しておりますが、これを見ても何を指しているか全くわかりませんよね?

スクリーンショット 2016-01-23 19.38.00

この2枚のカードはどうやら「Short」と「Shy」を表現しているらしいのですが、絵心の問題もなくはないかもしれませんがそれ以上に形容詞というのは、絵の英語カードでは表現するのに限界があるものなのです。

よって、英語カードを選ぶ際の注意するポイントの一つ目として、「意味不明」じゃないカードを選ぶことで子供を混乱させないようにしましょう、ということをお伝えさせていただきます。

「無料の幼児用英語カード 一番オススメはこれだ」で詳しくご説明させていただきましたが、基本的にはまず名詞から覚えて、動詞を覚え、その次に形容詞にとりかかるのが普通の流れがベストだと考えておりますが、その順だと初めの頃は問題ないかもしれませんが、是非、その英語カードが本当にわかりやすいか、使う前に一度「意味不明チェック」をすることをお勧めします。

2つ目のポイントはこちら

英語カードを使う時に注意すべき3つのこと(その2)