0歳〜3歳向け(幼児) の英語教育

0歳〜3歳児(幼児)向けおすすめ英語学習法

お子さんがこの年齢で当サイトにお読みになっている方はお子さんの英語教育に非常に関心があり熱心な方だと思います。
この時期にまず考えることとして、
  • 日本人としての自己認識を持ちつつも、完璧な英語を喋る大人にさせたいか、
  • 例えばアメリカ人としての自己認識しつつ日本語も完璧に喋れる大人を目指すか、

0歳から3歳までの幼児期は、この2つの理想像を選ぶことができる時期です。

後者の方は、別ページでお伝えするとして、このページは大半の方がお探しの、日本人として英語も完璧に操れるバイリンガルを育てる方法についてまとめさせていただきます。

英語のシャワーを浴びせる!

この時期のお子さんは周りの大人や兄弟やテレビなどの外の声からたくさんの言葉を吸収していきます。この時期の教育の重要性や驚異的な吸収力に関しては他の解説を参考にしていただくとして、この黄金期を逃すのはとても非常にもったいないと言えます。
そこで多くの方が実践して良い効果を得ていらっしゃるのが「大量の英語のシャワーを浴びせ続ける。しかもお子さんが集中している時に」です。人間は集中して聞くのと漫然と聞くのとでは理解が違ってきますが、これは赤ちゃんや幼児も同じです。お母さんが英語で話しかけたり、ディズニーやしまじろう等のかわいいキャラクターに興味をもつお子さんならただのDVDにも食い入るように見てくれるでしょう。
英語シャワーを浴びせ続けるというのは比較的イメージがつきやすいと思います。1日30分、1日3回など目標を決めて実践できると思います。これ以上に大切なのが、子供の興味を引き続けるということです。つまりいかに受けてとしてのお子さんの集中力を維持させるかが重要となります。小さなお子さんはまずお母さん、お父さんという一番身近な人の言葉を吸収していきますよね。それは相手に全神経を集中して耳を傾けているからです。お子さんに浴びせる英語のシャワーも単なるノイズではなく、楽しい意味のある言葉して興味をもたせることがとても重要になるのです。

幼児英語教育だからと言って特別な事はない

英語教育だからと言って、極端な話し、日本語と英語の2倍の語りかけをしなければならい、とか、2倍の量の絵本を読んであげないといけないということはありません。この時期の人間の脳は脳細胞が膨大に増加し、あらゆることを吸収する黄金期ですが、吸収するのは言葉だけでなく、親からの愛情を感じ心を育んだり、気温の変化や湿度の変化などの四季の変化を体で感じながら体も急成長する時期なのです。バイリンガルに育てるからといって、何かを犠牲にする必要は全くないので、親御さんとお子さんに無理の範囲でいろいろ欲張って楽しく子育てをしていきましょう。一般的に悪影響になると言われること、例えば、お母さんがストレスいっぱいで子供に笑顔を向けられない、といったことは言葉への影響ももちろんですが、心の育成に大きな悪影響を及ぼすことになるため、英語教育が物理的、心理的な理由で重荷になるようでしたら、この時期ではなく次の3歳以降からスタートすることも考えて見るのもいいかもしれません。もちろん、遅すぎることは全くありません。

ぜひやりたいこと

シャワーたくさん浴びせましょう。家族が直接話しかけたり英語の親子レッスンといったリアルタッチのシャワーから、テレビやラジオ版組やDVDやネットの動画など、のにかくたくさんシャワーを浴びせましょう。しかも、できればいろいろ組み合わせて、例え同じ教材でも毎日かけず1日おきにするなど、親は手間をかけてあげましょう。

やっちゃいけないこと(汗)

逆にやっちゃいけないのが「かけっぱなし」です。無間地獄ループは最悪です。いくら高価な教材でも、同じものを繰り返しているとお子さんは必ず飽きてしまいます。そして関心が薄れせっかくのシャワーも吸収されなくなります。忙しいからってDVD付けっ放しはダメですよ!!^_^