早稲田アカデミーIBSは子供英語の総本山?

 

英語ができない親の脳英語ができる子どもの脳

以前にこのサイトでも取り上げた早稲田アカデミーIBS。きっとバイリンガルキッズを目指している皆さんもそして何より私自身もとても興味のある英語塾です

IBSの魅力と実力そしてそれを可能にした英語脳の作り方!

IBS主宰者が著者の本などから調べてわかった自宅でも可能なバイリンガルキッズへのヒントなどこれから数回にわたって書いていきたいと思います

##ちなみに、バイリンガルキッズの脳の構造についてはこちらをご覧ください。

使える英語が身に付かない勉強法

時間もお金もかけてきたのに結局使える英語が身に付かなかった

自分の勉強を振り返ってそう嘆く人が少なくありません

でもそれは日英変換型の学習だったからだと著者

私たちは中高6年間の学校教育の中で英語の単語を日本語で覚え英文を日本語に訳す

つまりひたすら」「の変換に明け暮れました

これが従来の英語学習

その結果英単語を見たら条件反射的に日本語が出てくるその逆も同じです

たとえばumbrella なら」、「辞書なら dictionary と瞬間的に答えられるはずです

この一対一対応型の記憶の仕方に問題があると指摘しています

まず問題なのは現場に即した使い方がわからないこと

日本語と英語を機械的に置き換えて学んでいると文脈から離れて英語を覚えてしまうからです

先程の傘=umbrella」「辞書=dictionaryはわかっている

では、「傘をさすあるいは辞書を引く英語でなんと言うかわかりますか?

・・・さすだから stick?

・・・引くだから Pull the dictionary???

このシンプルな問題ですが頭の中では様な単語が浮かんできている方も多いのでは?

正解は、「open an umbrella」「use a dictionaryです

言われてみれば納得!

でもすぐにこの表現が出てきた方は少なかったのではないでしょうか

それは日本語のさす」「引くに引っ張られているから

umbrella や dictionary を知っていてもそれを使いこなすための open や use といった簡単な単語が出てこない

これが日英変換型学習の残念な結果なんです

他にも日本語で英語を学ぶ弊害があるそうです

日本語で英語を学ぶと脳に負担がかかる

え!?

と私も驚きました

理由はこうです

例えば小学1年生が英語を勉強するときocean や nurse といった単語を覚えるのは簡単ですというのも彼らはそれに対応する」「看護師といった日本語を知っているからです英検でいえば3級程度の単語がコレに当たります

しかし準2級以降の単語例えば literature を文学」、adopt を養子縁組すると教えてスンナリ理解できる小学1年生は、、、とても難しいですね

日本の英語教育はすでに頭に入っている日本語を最大限に使って英語をインプットする方法なので自分のデーターベースにない単語を理解することができません

丁寧に、「文学」「養子縁組するという言葉とその概念を教えた上でそれぞれが literature なり adopt という英単語と結びつくことを覚えなければなりません

つまり英単語の知識を増やしたいだけなのにそのために英語と日本語の両方の語彙を同時に増やさなければならない

これは脳にとって負担だと著者は言っているのです

ただ著者はこうした日本人の英語教育を完全に否定してはいませんある英単語の意味に対応する日本語を1つか2つ覚えておけば英文を理解する際にほぼ外れないだろうという効率主義を基にしたいわば親心教育だとも書いてます

しかしその結果open や use が出てこないといった実に非効率な頭脳になってしまったのも事実。「これを悲劇と呼ばずしてなんと言ったらいいのでしょうと著者は嘆いています

英語ではわかるしかし日本語でなんと言うかわからない。」

これまでの日本の英語教育ではそれはダメだとしてきました

ですが実際は日本語に対応する英語がない日本語にはできない英語表現はあります

先の英語ではわかる語感が理解できているのであればOKのはずなのに否定されてきた日本の英語教育

IBSが英語を英語で教える理由

それは

英語脳を獲得するためには英語は英語で学ぶことが大前提

ということがわかりました

英語を英語で学ぶと結果が違うのか?

次回は実際に IBS で行われているカリキュラムや勉強法などをご紹介したいと思います。