本当の意味での「英語力」

幼児期や小学生に必要な英語力とは

グローバル化が進む中、今後ますます英語力が重要になることは間違いありません。

日本政府は、英語教育の改革を急ピッチで進めており、2020年度には英語が小学校5,6年生から正式科目になることが決まりました。これを受け、英語を入試科目に取り入れる私立中学が急増して、今やその数が約100校にも上る勢い。これまで中学入試の英語受験といえば帰国生対象でしたが、一般枠入試で採用を始めたことからも、小学校からの英語教育を重視することが伺えます。

言語習得における「臨界期」という言葉を聞いたことはありませんか?

臨界期(9〜10歳くらいまで)と呼ばれる年齢を過ぎると、言語の習得能力が低下するという説です。

脳の吸収力が最も盛んな臨界期前に英語学習を進めることで、日本人が不得意とする「L」「R」の発音や聞き分けもできるようになる。苦手意識のない幼児期に英語を学ぶことによって、よりスムーズな習得が可能。「言語習得は早く始めるほど有利!」と効果をうたう説です。

ですが、母語での表現が未発達な幼少期に英語の習得を急ぐことで、母語の語彙力や表現力が不足してしまい、日本語能力の低下を招く可能性があるのではと異論もあります。実際、海外帰国子女生の中には「バイリンガル」を目指しているのに、英語も日本語も年齢相応レベルに達していない「ダブルリミティッド」に悩む子供が少なくありません。

一般的に、社会とのコミュニケーション、臨機応変に適切な表現を選ぶことができる思考力、判断力の軸は「1言語」で「母語」で固めた方が賢明と言われます。もちろん2言語を操る本物の「バイリンガル」も存在しますが。

日本人の親に育てられ、日本の学校で生活している我が子には全く心配する話ではないな、と思いましたか? はい、同感です。我が子もむしろ、英語に触れる時間が圧倒的に足りていないと感じています。

「やはり日本にいながらバイリンガルは無理か」

いいえ!言語の土台「母語」を固め、揺るぎないアイデンティティを確立することで、英語に密着した文化の違いを理解することができる豊かな感性があるのです。これがとても大事で、英語の習得にも一層磨きがかかっていくのだと信じています。

 

世界が求める「真のグローバル人材」とは、英語だけではありません。異文化への興味や関心、柔軟なコミュニケーション能力が根っこに必要です。

一見不利に思える日本で生活をしながらの英語学習ですが、実はむしろ逆だとさえ、私は思っています。

私のお友達の話です。

赤ちゃんの頃から意識して、我が子に英語で話しかけて英語教材を使用していたママ(日本人)がいます。もともとおとなしい女の子でしたが、幼稚園入園前に「うちの子があまりお友達と話さない。ダブルリミティッドになっているのかしら?」と、心配されていました。

私は、ご両親共に日本人で、パパは日本語で話しかけていること、来年から近所の幼稚園(日本人幼稚園)に入園する予定であることも聞いていました。

「全く心配ない!だってこれからは1日の半分を幼稚園(日本語たっぷり)で過ごすのだから!」「むしろ続けていかなきゃ勿体ない!やめちゃうとこれまでやってきたことがゼロになる!」

実際に今、女の子は楽しそうに幼稚園へ通っています。もちろん、同学年のみんなと同等レベルの日本語力でコミュニケーションも取れています。

このエピソードからも分かる通り、英語学習において、日本人が日本環境で生活している限り「やりすぎ」の心配はご無用!むしろ将来が楽しみではありませんか?

さあ、自信を持って継続学習です。