英語で学士を取る?!

日本の教育現場の国際化

大学の外国人留学生は年間約7万人を超え、日本人学生の海外留学数も約8万人以上というデータがあります。
2020年の東京オリンピックや、文部科学省による「トビタテ!留学JAPAN」キャンペーンなどもきっかけとなっているようですが、将来の子供達は、まるで海外旅行先を選ぶかのように、海外大学を選ぶことは当たり前になっていくのかもしれません。
このような社会の変化に対応するかのごとく、いま多くの日本の大学が「英語で学士号を取るプログラム」を充実させていることをご存じですか?

慶応義塾大学や早稲田大学を筆頭とする名門私立大学では、文部科学省が主導のもと、英語で学士を取れるプログラム創設が急速に進んでいます。この2大学は、国内でも特に国際的に活躍できる人材育成に貢献している大学として、文部科学省の「国際化拠点整備事業(Global 30)」に選出されています。
「国際化のためのネットワーク形成推進事業」とも称されるこの取り組みは、文部科学省の実施する日本の国公私立大学を対象とした支援事業の1つ。生徒の持ち前の英語力を一つの基盤として、学問的な柱となる専門性を身に着け、将来世界規模で活躍できる人材を育成することが目的です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
英語で学士を取れる主な大学一覧(50音順)
 <私立>
・慶応義塾大学
・上智大学
・同志社大学
・法政大学
・明治学院大学
・明治大学
・立教大学
・立命館アジア太平洋大学(APU)
・立命館大学
・早稲田大学
 <国立>
・国際教養大学
・東京大学
・名古屋大学
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一部または大部分英語で授業が受けられる主な大学(50音順)
 <私立>
・学習院大学
・国際基督教大学(ICU)
・立教大学
 <国立>
・東京工業大学
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「専門性」も「英語力」も強く求められるこれからの時代。生徒だけでなく、むしろ生徒を受け入れる大学側にとっても、英語によるプログラム実施の予算や教員の確保、カリキュラム編成など、大きな課題が山積していることも容易に想像できます。
それでも、言語の大学入試変革とともに、英語で学位を取れる大学はさらに増加するでしょう。
これからの動向に目が離せません。