英語の耳 10〜11歳までがチャンス!?

 

英語と日本語の周波数

フランスの音声医学専門の医師アルフレッド・トマティス氏が発表した言語のパスバンドというものをご存知ですか?

トマティス氏がな民族が話す言葉を分析した結果、「言語として優先的によりよく使われる音の周波数があることがわかりこの周波数帯を言語のパスバンドと名付けたそうです

トマティス氏の研究によれば日本語は1251500ヘルツで英語が200012000ヘルツだそうで残念ながら全く違う周波数で会話しており私たちは英語を聞き取りにくいと感じるわけです

人間の耳が聞き取れる周波数は下は16ヘルツから上は1万6000ヘルツぐらいと言われています

(例えば100ヘルツというのは1秒間に100回振動することを表しその振動が音として耳に伝わり聴覚神経を通って脳へ入り何の音なのかを理解します

でも実はこの広範囲な音を言語として認識できるのは新生児で2歳頃からパスバンドは固定され始めその時点で不要とされる周波数の聞き取りに関連した神経細胞は死滅していき1011歳ぐらいまでに基本的な聴覚が出来上がってしまうのだとそれ以降自分のパスバンド外の音は聞こえても言語音としてはなかなか認識されないつまりは雑音と同じになってしまうとのこと

はあ調べれば調べるほど悲しい結果大人になった私たちは訓練することで克服するしかなさそうですだって聞き取れない音は発音できないですよねぇ

気を取り直しましてー

バイリンガルキッズは子供の英会話に視点を向けてのお話となると逆にこんな未来ある研究結果はないと思いませんか?

子供と遊んでいる最中子供が子供同士で遊んでいるところなどなど何気ない日常の中ラジオをつける感覚でネイティブ英語のCDを流してみるだけでも英語の耳(聴覚)を鍛えることにつながるのです

一日1時間が無理なら15分でもいいのではないでしょうか?なぜならここで重要なのは毎日繰り返し聞くことですから!

これを日課にすることで我が子が将来英語教育を少しでもスムーズに開始できる要因の一つとなるのではないかと思うと親としては嬉しい話ですね