発音矯正、日本人にオススメな3つのポイント

親も一緒にネイティブの発音を身につけよう!

幼児のまっさらな耳にはやはりネイティブスピーカーの発音を聞かせてあげたい

ほとんどのご家庭で英語学習する場合はネイティブスピーカーのCDやDVDを使っているのではないでしょうか?

せっかくならば親も一緒にネイティブの発音を聞きながら子供とともに英語耳を育ててお父さんお母さんの口からもなるべく本当の発音に近づけた英語の音を我が子に聞かせてあげるようにしたいですよね

しかし海外経験のない大人の日本人の場合ネイティブと同等の発音力を身につけるのは難しい。そんなあなたむけに、簡単ネイティブっぽく話せるようになる、3つのポイントをお伝えします。

続きを読む

サッカー川島永嗣「本当に ”英語を話したい” キミへ」

「僕は英語が話せなかった」

「中学生ぐらいの子がいるが、英語をやらせたいと思っている。」

「私は中学生。英語を使いこなせるようになりたい。」

 

もう今からバイリンガルを目指すのは遅いのかな・・・と、諦めかけていませんか?まだ、間に合います。間に合わせた人がいます!

バイリンガルキッズ、目指そうと思った ”その日” がスタートです!

以前に「早期バイリンガルと遅延バイリンガル」について紹介しました。

確かに早く開始するメリットは大きいです。間違いないでしょう。じゃあだからといってもう無理なのか?というと違います!

ほぼ成長をとげてからの目指す日本語と英語のバイリンガルは、本当に「英語を話したい!」と思う 強い意志があるかないか?

条件はただコレだけです。

続きを読む

「英語脳開発」には中間目標を持とう!!

バイリンガル脳開発の中間目標

このサイトをご覧の方々は、きっとこんなお気持ちで検索されたのではないでしょうか?

「我が子をバイリンガルに育てたい」
「子供には英語力をつけてあげたい」

「でも、どうしたらいいのか、わからない」

我が子の将来を明るく輝かしいものにしてあげたい。
グローバル化の進む未来、子供達には英語で困る事のないように。しかも、最近の研究で、幼児から始めても、小学生頃から始めてもバイリンガル脳は育つことが明らかになっている今、何としても子供には英語脳を獲得させてあげたいですよね。

→→「バイリンガル脳に関する詳しい記事はこちら」

「では、そのためには、どうしたらいいの?」

「いろいろ調べてはじめたけど、1年経って効果あったの?!」

そうです。
目標が漠然として具体化されていないため、計画がたてられないから「わからない」のです。

続きを読む

東大医学部・ハーバードに一番近い小学生たちの英語塾

幼稚園年長さんで「英検・準1級」?

東大・医学部・ハーバードに一番近い小学生たちの英語塾とは

 

注:英語力だけで、東大・ハーバード合格を勝ち取れるわけではありません。「バイリンガルは脳を鍛える?知能指数が高い?地頭がよい?」に関する記事はこちらからどうぞ。

 

とても興味深い英語塾を見つけました。

進学塾大手の早稲田アカデミーが経営する「早稲田アカデミー IBS (Integrated Bilingual School)」です。

「楽しかった!・・・でも何も残らなかった」
こうした「お遊び英語」や、いわゆる一般的な「英会話教室」ではない、「読めて、聴けて、表現できる」高い英語力を身につける英語塾を目指しているIBS。
続きを読む

東京に村?英語村の狙いとは

東京都に「英語村」設立

昨年末の12月25日、東京都が発表した「東京都長期ビジョン」をご存知ですか?
「世界一の都市・東京」実現を目指した基本の政策目標と、それを実行するための具体策などを明らかにしたもの。

その中の一つに、史上最高の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、競技施設や選手村が集中する臨海部に、小中高生が英語だけで生活をする「英語村(仮称)」を2018年度に新設すると発表しました。
続きを読む

coco塾ジュニア 最安の入会キャンペーンが始まった!?

子供英語スクール「coco塾ジュニア」安く入会するチャンス!

新しい年を迎えて今年から子供の英会教育を始めるぞと決意を新たにされた親御さんも多いことと存じます。
当サイトでは「やりたいことは英語の先にある」というキャッチコピーと伊勢谷友介さんのCMですっかりファンになっている子供英会話スクール「coco塾ジュニア」についてこれまで何度か取り挙げてきましたが、coco塾ジュニアが過去最安レベルの入会キャンペーンを開始しているようなのでお伝えしたいと思います。このキャンペーン、ここ数年、我が子向けにずっとウォッチしている中では最安コースだと思います。(公式確認しておりませんので、間違っていた場合は申し訳ございません)

coco塾ジュニア過去最安「cocoくるキャンペーン」!

1/5〜3/10までのキャンペーン期間中に申し込みをした場合、入会金が無料となり、更に、他の英会話スクールに通った経験のある方はテキスト代金も無料となるキャンペーンが始まっています。金額にすると、本校・サテライト教室コースの入会金16,200円に加え、テキスト代の3500円くらい(サイトには¥3,000-¥13,000とありますが、coco塾ジュニアの教材はOxford University Pressの教材が多く使われていてレベルによって使うテキストは違いますが、だいたいAmazonで¥2,000〜¥4,500で売られているのでここでは¥3,500として計算しました)の合計約20,000円の割引となります。
             cocokuru2015_ph001

続きを読む

イマージョンってなに?究極の幼児英語教育法?

英語イマージョンって英語の耳を育てるの?英語の脳を育てるの?

イマージョン教育とは、外国語(ここでは英語に絞ってご紹介します)を学ぶ子どもを、英語だけが飛び交う環境にイマージョン(浸す)ことで、英語学習効果を高めようとする手法の事で、カナダ モントリオールの小学校でフランス語教育をこのイマージョン方式で実施して高い成果を出したことから、イマージョン法が有名になったと言われています。

専門的には「第 2 言語の学習者が第 2 言語を媒介に(教科を)教えられること」と定義されているようですが、英語イマージョンを一言で説明すると、算数、社会、理科などの普通科目を英語を使って学ぶことで、英語の習得効果を一気に高めていく、というものになります。「英語を学ぶ」というよりもむしろ、「英語で学ぶ」教育方法ということですね。

 

続きを読む

迷っているうちに最良の時期を逃す? 幼児英語学習をオススメする理由

早期英語教育 迷っているうちに最良の時期を逃す?

幼児期のできるだけ早い時期から英語学習に取りかかるメリットは、英語の耳が養われること、バイリンガル脳の形成など、これまでコラム等で書いてきました。

しかし、幼児の英語学習をオススメする理由は、昨今の脳科学研究の結果だけではありません。

言語レベルは本来年齢とともに高度になっていくもので「子供の成長とともに成長する英語力」が理想の形であるし、それが普通では?と感じますが、なぜ幼児期か?
なぜ幼児期に、小学校へ上がる前に、読み書きができる英語の基礎を一通り習得できているのが望ましいのか?

理由は、現代日本の忙しい小学生事情にあります。
続きを読む

COCO塾ジュニア 英語で算数?

英語で算数?イマージョンプログラムをCOCO塾ジュニアでも導入?

英語に限らず外国語を学ぶのに6000時間とか8000時間とか長時間に渡り英語のシャワーを浴びせ続けることが重要だと言われています。実際、日本のお子さんが英語を学ばせる目的でバイリンガルスクールに通わせる目的に学習環境、生活環境を英語にするというのがあると思いますが、英語で数学や理科、社会などを学びながら英語力を根底からかさ上げしていくことを英語イマージョンと呼ばれ、日本をはじめ世界中で実践されている外国語教育の中心的な手法となっています。

最近注目しているCOCO塾ジュニアでは、

続きを読む

無料で簡単に英語環境

 

NHKのEテレ番組を副音声で観よう!

無理せず楽しみながら自然な英語をたくさん聞かせることができたら最高

それを無料で可能にする方法がありました

このサイトでも以前にご紹介した英語であそぼのNHK・Eテレです

実はEテレ子供番組の中で二カ国語放送をしている番組があります

これを副音声切り替えをして英語で見るだけでいいのです

(リモコンで音声切り替えが可能です録画の際お使いの機種によっては主音声しか読み込まない場合もあります主音声と副音声の両方もしくは副音声切り替え後の設定で録画しましょう)

以下キッズにオススメの二カ国語放送番組をご紹介します

おさるのジョージ

Eテレ(教育)

毎週土曜日 午前8:359:00(25分)

続きを読む