英語で褒め言葉

I  am proud of you!(あなたは自慢の子供よ!)

子供は褒めて育てるこれは育児全般において言えることですね

一緒に英語の歌を歌い終わった後や例えば子供が英語を理解したときなどはぜひ我が子を大いに褒めてあげましょう!褒められれば褒められるほど子供はもっと頑張ろう!とやる気が出るし嬉しい気持ちの時はいくらでも英語を吸収していくことでしょう

そして褒め言葉はぜひ英語で伝えてあげてくださいバイリンガルキッズに対して日本語で褒めるのではもったいないです(笑)

続きを読む

 リスニングとスピーキングの向上に不可欠な練習とは?

 

シャドーイングとパラレル・リーディングの意味

幼児(英語初心者)から中1(英語学習経験者)しいては大人まですべての年齢において英語のリスニングやスピーキング能力を高めるために絶対に必要なステップがあります

それはシャドーイング(shadowing)です

シャドーイングは音を聞いてすぐ後ろで同じ音を口に出していく練習です一文を聞き終わって声に出すリピートではなく影(shadow)のように音をすぐ後で追いかけて真似して口に出すのですそうすることでネイティブの発音をそのまま覚えられるし発音そのものをネイティブ並みに鍛えられ結果として英語のリスニング力がアップしますシャドーイングは英語のリスニングスピーキングを同時に行う訓練なのです

続きを読む

英語の耳 10〜11歳までがチャンス!?

 

英語と日本語の周波数

フランスの音声医学専門の医師アルフレッド・トマティス氏が発表した言語のパスバンドというものをご存知ですか?

トマティス氏がな民族が話す言葉を分析した結果、「言語として優先的によりよく使われる音の周波数があることがわかりこの周波数帯を言語のパスバンドと名付けたそうです

トマティス氏の研究によれば日本語は1251500ヘルツで英語が200012000ヘルツだそうで残念ながら全く違う周波数で会話しており私たちは英語を聞き取りにくいと感じるわけです

人間の耳が聞き取れる周波数は下は16ヘルツから上は1万6000ヘルツぐらいと言われています

(例えば100ヘルツというのは1秒間に100回振動することを表しその振動が音として耳に伝わり聴覚神経を通って脳へ入り何の音なのかを理解します

でも実はこの広範囲な音を言語として認識できるのは新生児で2歳頃からパスバンドは固定され始めその時点で不要とされる周波数の聞き取りに関連した神経細胞は死滅していき1011歳ぐらいまでに基本的な聴覚が出来上がってしまうのだとそれ以降自分のパスバンド外の音は聞こえても言語音としてはなかなか認識されないつまりは雑音と同じになってしまうとのこと

続きを読む

ディズニー映画は英語で見るべし!!

 実は最高の先生?ディズニー映画は英語で見よう!

ちまたにあふれるほどある英会話教材結構勉強してるんだけどいざ外国の方を目の前にすると会話にならない&出てこない大人にはこんな苦い経験がある人結構多いですよね

それは教科書や教材ではネイティブが日話すカジュアルな英語を学ぶのが難しいからです

ではそのネイティブっぽい英語」、つまり文法もないくだけた話し言葉だったりタイミングよく打てる相づちなどはどこで学ぶことができるのだろう?と思っていたところ私の隣で子供達が海外の映画に釘付けになって観ている姿にコレだ!

もう何十回と吹き替えで観ていたディズニーの映画アナと雪の女王」。試しにこちらを音声も字幕も英語にして見せることにしました初めは英語で聞くことに対してえーっ!それじゃあお話がわからないっ!と愚痴っていた我が子達でしたが大好きなディズニーの世界にはかなわないらしくつけてみれば大人しく見入ってますそんな日を何日か繰り返しているとなんと子供達の口から登場人物の真似をしてGo away Anaなどと英語の簡単なフレーズが出てくるようになりました!

(意味を知るとGo away Mamaなんて言ってみたり!失礼な!)

続きを読む

英語教育スタート 小学3年生に繰り上げ それでも遅い?

英語教育を更に前倒し!オリンピックまでに?

先の記事で、文部科学省が2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えての英語教育を小学生から大改革する、と書きました。

現在の小学5,6年生が、歌やゲームなどを通じて英語に親しむ「外国語活動」を、小学3年生から前倒しで始めるらしいのです。
(「外国語活動」は、2011年度から年間35単位で必須化されています。)

小学校5,6年生においては英語を「教科」に格上げして、他の科目同様に教科書を用いて基本的な読み書きを学び(現在の中学生レベル)、成績評価もしようという話になっています。

続きを読む

佳子さま合格で改めて注目 日本のバイリンガル大学 ICU

国際基督教大学(大学校舎の写真)

秋篠宮ご夫婦の次女・佳子さまが、ICU(国際基督教大学)の受験に合格されたと宮内庁の発表を受けたことが、マスコミ等で話題になりました。

幼稚園から高校まで学習院で学ばれた佳子さま。2013年の春からは、学習院大学に新設された文学部教養学科に入学されていましたが2014年8月に中退。約15年以上にわたる学習院での生活から新たな道へと進む決断をなさるほど魅力的なICUとはどんな大学?知る人ぞ知るバイリンガルキッズ向けの大学なんです!

続きを読む

ベネッセの「しまじろう」、英会話スクールに登場!?赤ちゃんから小学生まで〜ベネッセの巻き返し

教育事業大手のベネッセホールディングスは、子供向け英会話教室ミネルヴァインテリジェンスを11月4日に子会社にすると発表した。

この背景には、文部科学省が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、グローバル化に対応した新たな英語教育を本格展開できるように小学校から大改革することが上げられる。目標は「実践的な英語教育」とあるが、具体的にいえば、到達目標は、中学卒業時で英検3級程度、高校卒業時で英検準2級準1級程度の英語力ぐらいだろう。
続きを読む

日本代表・川島選手が発起人! サッカーも英語もどっちも学ぶ よくばりスクール

 グローバルアスリートサッカースクール

今年6月、日本サッカー代表の川島永嗣選手が発起人兼アンバサダーを務める「グローバルアスリートサッカースクール」が開講した。

川島選手が発起人(英語ではFounderという)を務めるこのスクールは、幼児や小学生が「英語」と「サッカー」を同時に学べるサッカースクールで、ネイティブまたはバイリンガルの指導員が、英語でサッカーを教えることでサッカーと英語の二つの力を同時に伸ばせるのが魅力だ。対象者はサッカーが初心者中心で、英語は初めて習う子どもからネイティブレベルまで幅広い。スクールで必要な英語は教材でのサポートも行うという。

続きを読む