タグ別アーカイブ: 幼児英語

幼児英語教育 Take Action Now!

幼児英語教育を調べているお母さんへ

このサイトを見ていただいている方は幼児英語教育についてかなり調べていらっしゃる方だと思います。なぜ、かなり調べている方と断言できるかというと、このサイト、そんなに有名ではなく、検索ランクでも20位ー50位をうろちょろしているサイトなので、ここに辿りつかれた方は相当調べていらっしゃる方だと思います。

そんなお母さんに一言。

「調べるより、今すぐアクションを!」

続きを読む

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

バイリンガル教育を考える親にオススメ本 No1

バイリンガル教育についてのわかりやすく書かれている本として、当サイトが最もオススメするをご紹介します。

「バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること」  中島和子 著

 

当サイトをご覧いただいている方にはお子さんの英語教育を真剣にお考えになってらっしゃる親御さんだと思います。多くの方は日本に住んで日本語の環境の中でどうやって子供をバイリンガルに育てるかについて 続きを読む

サッカー川島永嗣「本当に ”英語を話したい” キミへ」

「僕は英語が話せなかった」

「中学生ぐらいの子がいるが、英語をやらせたいと思っている。」

「私は中学生。英語を使いこなせるようになりたい。」

 

もう今からバイリンガルを目指すのは遅いのかな・・・と、諦めかけていませんか?まだ、間に合います。間に合わせた人がいます!

バイリンガルキッズ、目指そうと思った ”その日” がスタートです!

以前に「早期バイリンガルと遅延バイリンガル」について紹介しました。

確かに早く開始するメリットは大きいです。間違いないでしょう。じゃあだからといってもう無理なのか?というと違います!

ほぼ成長をとげてからの目指す日本語と英語のバイリンガルは、本当に「英語を話したい!」と思う 強い意志があるかないか?

条件はただコレだけです。

続きを読む

「英語脳開発」には中間目標を持とう!!

バイリンガル脳開発の中間目標

このサイトをご覧の方々は、きっとこんなお気持ちで検索されたのではないでしょうか?

「我が子をバイリンガルに育てたい」
「子供には英語力をつけてあげたい」

「でも、どうしたらいいのか、わからない」

我が子の将来を明るく輝かしいものにしてあげたい。
グローバル化の進む未来、子供達には英語で困る事のないように。しかも、最近の研究で、幼児から始めても、小学生頃から始めてもバイリンガル脳は育つことが明らかになっている今、何としても子供には英語脳を獲得させてあげたいですよね。

→→「バイリンガル脳に関する詳しい記事はこちら」

「では、そのためには、どうしたらいいの?」

「いろいろ調べてはじめたけど、1年経って効果あったの?!」

そうです。
目標が漠然として具体化されていないため、計画がたてられないから「わからない」のです。

続きを読む

錦織圭から学ぶ英語教育の目的とは?

朝から晩までスポーツと英語漬けテニス錦織圭選手で注目「スポーツ留学」

英語教育の目標であるバイリンガルキッズになることは目的ではなく手段であるということ、サッカー日本代表GK川島選手に関するコラムでお伝えしましたが 、また一つスポーツの世界で英語で自己実現した例がありました。錦織圭、そうテニス界の貴公子、エアーケイの彼です。

今季ATPツアー(Association of Tennis Professionals)で4勝をあげ、世界ランキング5位で今シーズンを終えた錦織圭選手の活躍で「スポーツ留学」への感心が高まっています。そこで、錦織圭選手が13歳から留学した米フロリダ州の「IMGアカデミー」からスポーツと英語について考えてみました。

「IMGアカデミー」はテニス、野球、サッカー、ゴルフ、バスケットボール、アメリカンフットボール、陸上競技、ラクロスのスポーツアカデミー。最も有名なのがテニスで、ロシアのマリア・シャラポア選手もIMGアカデミーで育ったことからもわかります。

続きを読む