タグ別アーカイブ: 英語耳

バイリンガルが脳に良い科学的根拠が明らかに!!

バイリンガル教育が脳に良い?

幼少期に英語と日本語を同時に学ぶなどバイリンガル教育を施すことで、脳細胞の発達に良い影響を与える事はこれまで色々な説明がなされてきました。当サイトでも、バイリンガルと脳の構造について「バイリンガルの脳構造、英語教育の開始年齢により2種類ある!」で度々ご紹介してきました。
また新たに、幼少期、小学生期にバイリガル教育をすることによる脳の発育に良い影響がある科学的エビデンスを見つけましたので、ご紹介します。

続きを読む

英語の耳 10〜11歳までがチャンス!?

 

英語と日本語の周波数

フランスの音声医学専門の医師アルフレッド・トマティス氏が発表した言語のパスバンドというものをご存知ですか?

トマティス氏がな民族が話す言葉を分析した結果、「言語として優先的によりよく使われる音の周波数があることがわかりこの周波数帯を言語のパスバンドと名付けたそうです

トマティス氏の研究によれば日本語は1251500ヘルツで英語が200012000ヘルツだそうで残念ながら全く違う周波数で会話しており私たちは英語を聞き取りにくいと感じるわけです

人間の耳が聞き取れる周波数は下は16ヘルツから上は1万6000ヘルツぐらいと言われています

(例えば100ヘルツというのは1秒間に100回振動することを表しその振動が音として耳に伝わり聴覚神経を通って脳へ入り何の音なのかを理解します

でも実はこの広範囲な音を言語として認識できるのは新生児で2歳頃からパスバンドは固定され始めその時点で不要とされる周波数の聞き取りに関連した神経細胞は死滅していき1011歳ぐらいまでに基本的な聴覚が出来上がってしまうのだとそれ以降自分のパスバンド外の音は聞こえても言語音としてはなかなか認識されないつまりは雑音と同じになってしまうとのこと

続きを読む