タグ別アーカイブ: 英語脳

英語脳の本

子供の英語脳を育てる本の紹介

子供の英語脳を育てるのは簡単ではない!

 

最近気になっっていた子供の英語脳に関する本2冊読んでみました。

「子どもの「英語脳」の育て方!」 

船津 洋  現代書林 (2014/3/13)

「世界最速!「英語脳」の育て方 」

中野 健史   講談社 (2006/9/21)

上記にカバーページの画像を載せていますが、本屋さんに行くとこの素敵なカバー写真とタイトルからどうしても気になり読んでみましたが、本サイトで紹介しているコンセプトをより明確に言語化してあり非常に参考になりましたので紹介します。

英語脳を育てるには「ボトムアップとトップダウン」

本サイトでは、英語シャワーの大量投入、英語カードを活用した徹底した反復練習、英語教育の費用対効果の低さからくる圧倒的物量戦略などご紹介して参りましたが、 続きを読む

father-551921_640

バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること

バイリンガル教育を考える親にオススメ本 No1

バイリンガル教育についてのわかりやすく書かれている本として、当サイトが最もオススメするをご紹介します。

「バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること」  中島和子 著

 

当サイトをご覧いただいている方にはお子さんの英語教育を真剣にお考えになってらっしゃる親御さんだと思います。多くの方は日本に住んで日本語の環境の中でどうやって子供をバイリンガルに育てるかについて 続きを読む

201503141

早稲田アカデミーIBS流 英語脳の作り方

 英語脳のつくり方

日本で生活しながら「英語脳」を育てるには、具体的にどのように勉強を進めていけばよいのでしょうか?

「ABCからはじめて1年半で英検2級に合格した小学生」

「5歳児が英検2級合格」

と、ちょっと信じられない結果を出し続ける英語教室があります。

 

「早稲田アカデミーIBS(Integrated Bilingual School)」

このサイトで何度となく取り上げているお教室です。

*詳しくは「早稲田アカデミーIBSは英語教育の総本山」記事をご参照ください。

続きを読む

brain-619060_1280

バイリンガルが脳に良い科学的根拠が明らかに!!

バイリンガル教育が脳に良い?

幼少期に英語と日本語を同時に学ぶなどバイリンガル教育を施すことで、脳細胞の発達に良い影響を与える事はこれまで色々な説明がなされてきました。当サイトでも、バイリンガルと脳の構造について「バイリンガルの脳構造、英語教育の開始年齢により2種類ある!」で度々ご紹介してきました。
また新たに、幼少期、小学生期にバイリガル教育をすることによる脳の発育に良い影響がある科学的エビデンスを見つけましたので、ご紹介します。

続きを読む

201501301

「英語脳開発」には中間目標を持とう!!

バイリンガル脳開発の中間目標

このサイトをご覧の方々は、きっとこんなお気持ちで検索されたのではないでしょうか?

「我が子をバイリンガルに育てたい」
「子供には英語力をつけてあげたい」

「でも、どうしたらいいのか、わからない」

我が子の将来を明るく輝かしいものにしてあげたい。
グローバル化の進む未来、子供達には英語で困る事のないように。しかも、最近の研究で、幼児から始めても、小学生頃から始めてもバイリンガル脳は育つことが明らかになっている今、何としても子供には英語脳を獲得させてあげたいですよね。

→→「バイリンガル脳に関する詳しい記事はこちら」

「では、そのためには、どうしたらいいの?」

「いろいろ調べてはじめたけど、1年経って効果あったの?!」

そうです。
目標が漠然として具体化されていないため、計画がたてられないから「わからない」のです。

続きを読む